本文へスキップ

異議申立非該当|交通事故後遺症等級認定のご相談 

異議申立


異議申立は自賠責保険の調査事務所が誤った認定をした場合の、交通事故被害者に対する救済的な制度です。

新たな等級認定を受けるためには、新たな医証等が必要となります。



認定結果に納得できなければ異議申立

書面主義による自賠責保険後遺障害認定制度は交通事故被害者にとって適正でない審査結果となる場合が数多くあります。

この問題は保険会社と被害者との利害関係の不一致、調査事務所の厳しい審査、医師の仕事の範疇等から起こる問題です。

特に保険会社(相手方、自分方問わず)に申請を任せた場合(事前認定)、資料の不備、医証不足等の問題が起こる可能性が高いです。

適正な資料で申請が行われていなければ、適正な等級認定を受けることはできません。症状は残っているのに、立証不足の資料で保険会社に提出してしまい、非該当や不当に低い等級となり、そういうものだとあきらめている人が相当数いるだろうと考えられます。

しかし、納得できる等級が認定されなかった場合は一度、提出した資料を検証をしてみるべきです。

現在の認定システムの中では、資料の不備、医証不足による不適正な結果である可能性も十分にあるからです。

申請方法が事前認定だった場合や、闇雲に被害者請求をした場合等は、認定結果を安易に受け入れることはせず、本当に適正な認定を得るための適正な資料が揃っていたのかどうかを考慮してみるべきでしょう。




異議申立書記載例

むちうちの後遺障害診断書記載例   


上図は異議申立書の書式の例です。

A欄
異議申立先は相手の加入する自賠責保険会社の窓口となります。

B欄
申立人の印鑑証明の印を押印します。

C欄
異議申立をするにあたり、新たに添付する書類を記載します。具体的には前回提出していない診断書、検査所見等の医証です。

異議申立の主旨は別紙(D欄)に記載しますが、闇雲に認定結果に対する文句を100枚書き連ねてもそれだけではあまり意味がありません。自賠責保険からすれば、前回の認定にはその根拠があります。

前回の結果から認定されるために何が足りなかったのかをくみとらないと異議申立は不毛に終わる可能性が高くなります(例えば、むちうちの場合の非該当事例:むちうちの後遺障害認定)。

つまり、異議申立のイメージとしては本来条件a+条件b+条件c+条件d=○級認定となるはずのものが、前回申請時条件dが提出できなかったために、○級もしくは非該当だったような場合、条件dを新たに加えて再申請をし、自賠責保険に認定をしていただくという感じです。

なお、ルール上では異議申立は何回でもできることになっており、インターネット上でも何回でもできるといろいろなサイトに書いてありますが、事実上1回目の異議申立が非常に重要になります。

2回目以降の異議申立は資料によっては前回審査済という扱いでまともに審査されず、門前払いとなる場合もありますので、ルール上何回でもできるからといって闇雲に行うことはお勧めできません。





むちうちの後遺障害認定について



異議申立書(PDFファイルでダウンロード)

バナースペース

交通事故後遺症等級認定ご相談
行政書士ほしの事務所

〒192-0355
東京都八王子市堀之内
3-1-23-411

TEL 042-697-8497

交通事故相談地域の例

東京多摩地域
八王子・日野・町田
多摩・稲城・府中
調布・狛江・吉祥寺
立川・国立・国分寺
小金井・小平・三鷹
武蔵野・西東京・昭島
福生・羽村・あきる野
日の出町・檜原村・青梅
奥多摩・東村山・東大和
東久留米・清瀬
武蔵村山・瑞穂町

東京23区
新宿区・練馬区・渋谷区
世田谷区・杉並区
その他全域

神奈川県西部
橋本・相模原・厚木
伊勢原・愛川・秦野
その他全域

神奈川県:東部
横浜・川崎・平塚
藤沢・茅ヶ崎・大和
海老名・座間・綾瀬
その他全域

埼玉県
所沢
その他全域

千葉県
千葉・成田・東金など

山梨県
都留・大月・上野原町など