本文へスキップ

交通事故過失割合|交通事故後遺症等級認定のご相談なら 

TEL. 042-697-8497

交通事故過失割合


歩行者と四輪車・単車との事故


四輪車同士の事故


単車と四輪車との事故


自転車と四輪車・単車との事故


高速道路上の事故


駐車場内の事故


用語(著しい過失・重過失・既右折等)


過失相殺とは

「過失」とは、法的には「一定の事実を認識することができるにもかかわらず、注意を怠ったためにその事実を認識しないこと」とされます。

「過失割合」とは、その事故が起こったことに対して当事者同士が、100%の内どの位の割合の責任があったのかを数値で表したものです(お互いの過失の合計は、必ず100%となります)。

「過失相殺」とは、損害賠償額を算出する際、被害者にも過失があれば、その過失割合に応じて、損害賠償額が減額されることをいいます。自分が受けた損害が100万円、自分の過失が10%の場合、相手の過失は90%、100万円から自分の過失10%分の10万円(100万円×0.1=10万円)を差し引いた90万円を相手に請求できるということです。

過失相殺を簡単に表すと下記のようになります。
 「自分が受けた損害額」×「相手の過失%」=「相手への損害賠償請求額」(上記の例でいうと100万円×90%=90万円)



交通事故における過失相殺

交通事故の場合、過失相殺は1.物損部分と2.人身部分があり、人身部分については自賠責保険が関わる事故(車、バイクの関わる事故)の場合、被害金額の大きさで過失相殺を行わないことがあります。


1.物損の過失相殺

物損については通常の過失相殺の考え方です。

例1.Aの過失10%・Bの過失90%の場合でA・Bの損害額が共に100万円の場合
Aは、自分(A)の損害(100万円)× 相手(B)の過失分(90%=0.9)で90万円をBに請求できます。Bは、自分(B)の損害(100万円)× 相手(A)の過失分(10%=0.1)で10万円をAに請求できます。

例2.Aの過失10%・Bの過失90%の場合で、Aの損害額10万円、Bの損害額100万円の場合
Aは、自分(A)の損害(10万円)× 相手(B)の過失分(90%=0.9)で9万円をBに請求できます。Bは、自分(B)の損害(100万円)× 相手(A)の過失分(10%=0.1)で10万円をAに請求できます。

例2では、Bの方が過失が高いにも関わらず、Aの方が大きな金額を賠償します。お互いが受けた損害額に対して、過失割合に応じた賠償をするのが過失相殺です。



2.人身部分の過失相殺について

おケガの治療費や慰謝料、交通費、休業損害など、いわゆる人身部分の損害の過失相殺は自賠責保険が関わる場合(車、バイクの関わる事故)、被害金額の大きさで過失相殺を行わないことがあります。

※自賠責保険の過失相殺の考え方
自賠責保険は被害者救済を目的としているため、厳密な過失相殺を行うのではなく被害者に一定以上の過失があった場合に限り、保険金を減額して支払うことになっています。

減額のルールは以下の通りです。
1. 受傷者の過失が70%未満(0〜69%)の場合
人身部分の損害120万円まで自賠責保険の基準で補償します。この際過失相殺はされません。

2. 受傷者の過失が70%以上100%未満(70〜99%)の場合
自賠責保険の減額が適用されるため、限度額、支払い共に2割減額され人身部分の損害80%を96万円まで自賠責保険の基準で補償します。

※1.死亡・後遺障害を伴わない損害額20万円以下の場合に限り、減額されません。
※2.受傷者に過失が10割と判断された場合は、保険金は支払われません。
※3.過失割合は損害保険料率算出機構が独自に判断します。




歩行者と四輪車・単車との事故


四輪車同士の事故


単車と四輪車との事故


自転車と四輪車・単車との事故


高速道路上の事故


駐車場内の事故


用語(著しい過失・重過失・既右折等)





交通事故から後遺症認定、示談解決まで
(ポイントチェック)